糖尿病専門医に紹介する目安 大学附属病院・島根県立中央病院への紹介の場合

「糖尿病専門医に紹介する目安」が見直されました。

  1. 1)血糖コントロールが困難な症例
    • HbA1cが8.0%以上の状態が、半年以上続く
    • 主治医が、治療が困難と考えている等
  2. 2)教育入院の依頼やインスリン導入の依頼が必要な症例
  3. 3)シックデイの対応が難しく、入院治療が望ましい症例
    • 持続する嘔吐、下痢
    • 重篤な感染症等
  4. 4)新規発症1型糖尿病の疑いの症例
  5. 5)妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠の症例
  6. 6)糖尿病網膜症が進行している症例
  7. 7)持続性蛋白尿(尿蛋白が3回以上連続して陽性)がみられる症例
  8. 8)大血管障害(動脈硬化)の有無や、進行度の精査が必要な症例

出雲圏域では、病診連携や医療機関と地域との連携を深め、糖尿病の発症や進展の予防、重症化防止に取り組んでいます。

詳しくは、出雲保健所ホームページをご覧ください。

《糖尿病対策について》

http://www.pref.shimane.lg.jp/life/kenko/kikan/izumo_hoken/tounyou_byou_taisaku_nituite.html

(出雲保健所HPにジャンプします)

《問い合わせ先》

出雲保健所健康増進課 TEL:0853-21-8785